研究室配属を希望される学生さんへ

研究室配属を希望される学生さんへ

コンピュータ技術の急激な発展に伴って,ロボットが期待されるようになっています. ソフトウェア技術の進化は早く色々なことができるようになってきていますが,ハードウェア技術にできることはまだまだ限られています.ロボットのハードウェアは,モータ,センサ,機構,回路など要素技術の集まりです.ロボットが今まで以上にさくさくと動くためには,アクチュエータの研究開発が欠かせません.そこで私たちは,新しいアクチュエータを創るために,アイデアを出すことから始め,どうすればその性能が向上できるかを研究し,さらにロボットに組み込んで素早く精度よく制御する方法を開発しています.世界で初めての新しいアクチュエータを生み出すことに興味がある学生さんや,これまでに無かったようなロボットを開発し制御してみたい学生さんは,ぜひ一緒に研究しましょう.

 

配属の希望方法

本学3年生の学生さんは,システム制御研究室の真下グループを選んでください. また,高専専攻科や他大学の方で,大学院からの進学希望者は,問い合わせください.機械系,電気系,情報系が主ですが,生物系や医療系など異分野からの参加も歓迎します.

 

もし配属になれば

もし配属になれば,基本的には毎日研究しに来てもらうことになります. 研究は,勉強して,実験して,先生に報告するだけではありません. 仲間たちと新しいモータについて語り合ったり,Youtubeで海外のロボットを視聴したりすることも研究です. 夢を語り合うことも研究と言っていいでしょう. 実験装置を作ることはプラモデルを作るよりも数倍面白いし,実験をすることはゲームをするよりも数倍面白い,と私は思います. この面白さにはまって,私は,博士課程に進み,大学教員になる道を選びました.食事と睡眠の時間を除いてずっと研究していました. 研究は本当に楽しいことです.

研究成果が出れば,国際発表をしたり論文を書いたりすることになります.これは研究費(=税金)を使って研究をしている以上,しなくてはなりません. 論文は英語で書く時代ですから,英語を訓練しながら,書くことになります.国際発表では,15分程度の英語を暗記して話せるまで練習することになります. 私は,国から給料を貰いながら,2年半の間,アメリカに留学していました.ですから,自分の学んだ英語で研究室の学生を鍛えることは,私の責務でもあります. 時として指導が厳しくて辛いかもしれませんが,成長につながっていると思ってください.

また研究も進んでくれば,博士課程進学も選択肢に入れてほしいと思っています. 私の研究者として胸の張れることは,IEEE(国際電気学会)やASME(米国機械学会)などの有名論文誌に,研究成果が数多く掲載されてきたことです. これは,研究のアイデア,研究の内容,論文の体裁が,それなりに高い水準にあるということを意味します. 私は,博士課程に入って,大きな夢を持って頑張ったことで,こういうことができるようになりました. ですから,博士課程の学生の教育は,私が大学教員として最も力を入れたいことですし,十分な指導ができると思っています. (夢は少しくらい大きい方が,それに向かって努力することになるので,いいと思います.)

この研究室での経験をもとに,皆さんが色んな世界で活躍する日が来るのを今から楽しみにしています.

 

真下智昭 2017年1月24日

追記

学部3年生向け研究室見学を受付中です.希望される方は,真下のEメールアドレスまでご連絡ください.